DPD法 残留塩素測定器 柴田科学(SIBATA)【Airis1.co.jp】

柴田科学(SIBATA)
DPD法 残留塩素測定器

特徴

●比色板が取り外せますので管理が容易で経済的です。
●DPD試薬にはpH緩衝剤も含まれていますので、検液のpHを調整し、安定した発色測定ができます(pH3~10の検水であれば安定した測定ができます)。
●オプションのヨウ化カリウム試薬を併用すると総残留塩素の測定ができ、総残留塩素濃度と遊離残留塩素との差から結合残留塩素濃度を求めることができます。

共通仕様

●測定法:DPD法
●測定範囲:0.05~2.0mg/L
●標準比色板:0.05 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.8 1.0 1.3 1.5 2.0mg/L
●寸法:
本体:67(W)×34(D)×157(H)mm
ビニールケース:92(W)×52(D)×172(H)mm
●質量:0.3kg(ケース含む)
●構成:残留塩素計本体(比色板12種付)×1台,角形試験管シリコンキャップ付×3本,ビニールケース×1コ

※温泉水や海水など、妨害物質が多く含まれる検水は測定できない場合があります。

アイリス株式会社 Airis1.co.jp DPD法 残留塩素測定器 柴田科学(SIBATA) シリーズ一覧ページです。3000円以上で送料無料!最短当日出荷!アイリス株式会社 Airis1.co.jp は科学機器・環境測定機器・計測機器専門ECサイトです。